喜ばれるペアリングを贈るには?

      2017/12/22

プレゼントに定番のペアリングですが、男性も抵抗なく着けられるデザインは人気がありますね。

最近は結婚指輪を着けない人が増えているようですが、カップルの間ではペアリング人気は依然として高いようです。

アクセサリーの中でも指輪はやはり特別感があり、相手との絆が深まる感覚があるのでしょう。

若い男性ほどペアリングに抵抗感が無いのは、普段からアクセサリーを着けている人が増えていることもありますね。

シンプルなペアリングはもちろん、個性的なデザインやディズニーのペアリングもOKというカップルも多く、二人でリングを選ぶ楽しみも大きくなっています。

ペアリングというとシンプルなイメージがあり、カラーストーンや誕生石などはNG?と思ってしまいますが、リングの内側に入れるタイプが人気だそうです。

リングの内側に入れることにより、ストーンがお守りの役割を果たすという意味があるそうで、なんだか神秘的で女性が喜びそうなプレゼントです。

外からはわからない自分たちだけのリング、という想いが二人の距離感を縮めてくれそうですね。

仕事上、派手なリングを着けられないという人にもおすすめですし、ストーンにキズが付かないので実用的という面もあるのです。

誕生石で選ぶ?それともイメージ

自分や相手の誕生石をリングに入れることも可能です。

1月はガーネット、2月はアメジスト、3月はアクアマリン、4月はダイヤモンド、5月はエメラルド、6月ムーンストーン、7月ルビー、8月ペリドット、9月サファイア、10月トルマリン、11月トパーズ、12月タンザナイト、というように誕生石にはいくつかあるのですが、代表的な宝石はこのようになっています。

けれども女性なら「4月生まれがうらやましい・・。」と思ったことがあるのではないでしょうか。

宝石にはカラーがあり、なんとなく好きな色ではないと感じたり、自分の誕生石がファッションと合わなかったりと、購入に悩む人も多いようですね。

そんな時は誕生石にこだわらず、自分のイメージカラーを選んだ方がリングに愛着が沸くと思うのです。

この他にも、二人が出会った月の誕生石や、記念日の月を選んだりすれば、選択肢がぐっと増えることでしょう。

ややこじつけ感もありますが、ペアリングは安い買い物ではないですし、何よりも二人が気に入っているものでなければ意味がなくなってしまいます。

ここは直感を信じて「好き」なリングを選びましょう。

ペアリングの値段は?

ペアリングをプレゼントしようと思っても、種類が多くなかなか決められないという人もいますね。

若いカップルには予算も大きな問題です。

リングの素材や宝石によって大きく値段はアップしますが、

シンプルなペアリングなら1万円以下という商品もたくさんあります。

10代、20代であまりに高価なペアリングを贈られても「重たい」と感じてしまう人もいますし、値段は頑張りすぎないほうが良いかもしれません。

それよりも彼氏や彼女の誕生日をサプライズでお祝いしたり、テーマパークや遊園地でプレゼントを渡された、というシチュエーションを重視した方が心に残るのではないでしょうか。

【刻印無料】二人の絆を深めるペアリング・ペアネックレスの『with me』


【ペアリング・マリッジ・エンゲージ】THE KISSの公式通販サイト


【ディズニーコレクション】THE KISS公式通販コラボ商品


 - ペアアクセサリー , ,